求人情報
更新日:2022年7月1日
「小さな町で大きな夢を!」
島根県鹿足郡吉賀町
島根県立吉賀高等学校
地域情報
地域の魅力ご紹介

柿木地区大井谷棚田

水源祭り(水源池公園内)

清流高津川

水とすむ町 吉賀町

吉賀町は、島根県の最西端に位置する中国山地に囲まれた里山です。これまでに7回清流日本一になった「高津川」の源流があり、人々は川と共に生活を営んでいます。おいしい水と空気、寒暖差が育むお米や40年以上前から地道に取り組んでいる有機野菜は多くの方から愛されています。また、昔ながらの生活や伝統・文化を大切にしており、水源祭りや神楽などが有名です。

学校情報
学校の魅力ご紹介

空から撮影した学校

学校の校舎

「小さな学校で大きな夢を」

吉賀高校は全校生徒約100人の島根県で一番小さな学校です。平成27年度から本格的に県外募集を始めていて小規模ながら多様性のある高校です。少人数なので、生徒と先生の距離も近く、和気あいあいとした雰囲気の中、生徒一人ひとりに活躍の場があります。「アントレプレナーシップ教育」や「環境」の授業や「地域クラブ活動」では、地域に出かけ学びを深めています。

求人情報
なぜ必要としているのか?

町の唯一の高校である吉賀高校は、現在、2名のコーディネーターを配置していますが、総合的な探求の時間の授業づくり、地域連携活動、寮運営補助、保小中高大連携、卒業生ネットワークづくりなど、その業務は多岐にわたっています。今後、安定したコーディネーター業務を遂行し、さらなる高校の魅力化をはかるために、3人目のコーディネーターを新たに配置します。高校魅力化の実践を通して、町外県外生徒募集だけでなく地元の吉賀高校への進学率向上にもつなげ安定した生徒数を確保して、高校や吉賀町の活性化を図ります。



どんなことをやるのか?

小高連携

授業の様子(アアントレプレナーシップ教育)

【業務内容】
◇小中高大連携業務
主に高校の職員室内に席を置き、町内3中学校と4小学校との教育活動の連携のあり方を各校担当者・関係者と協議しながら進めます。吉賀町の教育指針「サクラマスプロジェクト」の実現に向けた実践を教育委員会と連携しながら計画・実行していき、高校の魅力を地元小中学校に発信していきます。また、現在、支援協議会が事務局となって進めている「大学生交流事業」の全体協議・大学や高校との連携・役場担当課や地域団体との連絡・調整等を事務局の一員として行います。

◇総合的な探究の時間(アントレプレナーシップ教育)のカリキュラムデザイン構築
本校は平成28年度から総合的な探究の時間を活用したアントレプレナーシップ教育を推進しています。生徒達のWILL(やりたい)CAN(できる)NEEDS(地域社会の要望の把握)を自分らしく探究するカリキュラムを高校や魅力化CNとアイデアを出しながら、より良い活動となるように協働していきます。

◇他コーディネーター業務の把握と補助
本校には、既に2名のコーディネーターが在籍しているので、他のコーディネーター業務の全体把握を行って、補助が必要な業務については現コーディネーターと協力して実践していきます。

【関係団体と連携・協働しながら創っていく仕事】
「小中高大連携」という業務は、小中学校、高校、大学だけでなく、教育委員会、保育所、総務課支援室等、関係機関が多岐にわたっています。各機関と調整を図りながら、より豊かな学びの実現に向けて、事業の推進をしていきます。

【探究学習を探究する仕事】
吉賀高校は、「総合的な探究の時間」として、「アントレプレナーシップ教育」を推進しています。「どのようなカリキュラムが生徒にとって有益なのか」「地域を本物の学びのフィールドにするにはどうすればよいか」など答えのない課題について、自ら探究していきます!



どんな人とやるのか?

吉賀高校支援室

[募集要項]

自治体名 島根県 吉賀町
学校名 吉賀高等学校
仕事概要 ・小中高の教育活動の連携と高大連携活動、交流活動の企画・実施。
・総合的な探究の時間(アントレプレナーシップ教育)のカリキュラムデザイン・実施
・他コーディネーターとの協働、業務サポート
募集対象 (1)生活の拠点を吉賀町に移し、住民票を移動させることが可能な方(地域おこし協力隊対象地域の方)
(2)普通自動車免許を有し、パソコン操作(文書作成、オンライン、ホームページ運営等)できる方
(3)生徒に寄り添いながら成長に関わり、自分も成長したいという意思のある方
(4)高校、役場、小中学校、地域と協力しながら、意欲的に「まちの教育魅力化」に取り組む意志のある方
雇用形態 地域おこし協力隊員(任期あり)
給与 年間支給見込み額 250万円
勤務地 吉賀高等学校(島根県 吉賀町)
勤務時間 原則7時間45分
残業 原則なし
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険 有
休日休暇 原則土曜日・日曜日・祝日・年末年始(有給は初年度は7日付与)
資格 不要
募集人数 1名
書類選考方法 有(履歴書)
面接方法 面接2回
※オンライン面談(支援室担当者、副町長、学校長)⇒対面面談(支援室長、教育長、教頭、主幹教諭)
その他備考 住宅費用(家賃)全額補助
自家用貸与(保険料、燃料代込み)
問い合わせ先 sakuramasu-sien@town.yoshika.lg.jp
参考URL